Event is FINISHED

インフォメーションバンクコンソーシアム シンポジウム 第7回「シン ・ 情報銀行」 "これから目指すべき本当の情報銀行の姿'’

Description
インフォメーションバンクコンソーシアムでは、 2014年の設立以降、 安全 ・ 安心なパーソナルデータの利活用を目指し、「情報銀行」に求められる技術・ 法制度·ユースケース ・ ビジネスモデルの議論・ 検討と共に、 ワークショップ ・ セミナー・ シンポジウム を通じて社会に受容される仕組みを検討してきました。
 GDPR ・個人情報保護法改正・情報銀行認定制度など、 パーソナルデータや個人情報を取り巻く状況が変わり始めている状況において、 改めて目指すべき情報銀行やパーソナルデータ利活用の将来像について、 参加者の皆様と議論を深める機会となれば幸いです。

本シンポジウムは、 国立研究開発法人科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業(社会技循研究開発) RISTEX人と情報のエコシステム (HITE) 研究開発領域における研究成果の一部となります。

日時:2020年2月5日(水) 13:00-17:00 開場12:30
会場:日本科学未来館 7階 未来館ホール
参加費:無料(※日本科学未来館の常設展への入場は別途料 金が必要です。)

プログラム

12:30      受付開始
13:00-13:05  開会挨拶 砂原 秀樹(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)

13:05-13:35  Session 1 Regulation Related Session
「個人情報保護法改正について」 板倉 陽一郎(ひかり総合法律事務所弁護士)

13:35-13:55  Session2 活動報告
「インフォメ ー ションバンクコンソー シアム活動報告」
「 MyData Japan活動報告」

13:55-14:40  Session3 RISTEX 「人と情報のエコシステム(HITE)」プロジェクト報告
1 柴崎 亮介 (東京大学 空間情報科学研究センター 教授)
「データポータビリティ時代におけるパーソナル情報のワイズ・ユース実現支援プラットフォームに関する研究」
2 橋田 浩一(東京大学大学院 情報理工学系研究科 ソーシャル ICT 研究センター教授)
「パーソナルデータエコシステムの社会受容性に関する研究」
3 庄司 昌彦 (武蔵大学社会学部メディア社会学科 教授)
「人文社会科学の知を活用した、技術と社会の対話プラットフォームとメディアの構築」

14:40-14:50 休憩

14:50-15:20  基調講演
中川 裕志(特定国立研究開発法人 理化学研究所 グループディレクタ ー)

15:20-16:50 Session4 Panel Discussion 「これでいいのかニッポンの情報銀行」
モデレータ
 クロサカ タツヤ(株式会社企代表取締役/慶應義塾大学大学院政策・ メディア 研究科特任准教授)
パネリスト
 太田 祐一(株式会社DataSign 代表取締役社長) 
 小笠原 治(さくらインタ ーネット フェロー)
 信朝 裕行(内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 政府CIO補佐官/慶應義塾大学大学院政策・ メディア 研究科特任准教授)
 
16:50-17:00 総括
小笠原治(さくらインタ ーネット フェロー)

共催
インフォメーションバンクコンソーシアム
東京大学 空間情報科学研究センター
慶應義塾大学 サイバーセキュリティ研究センター・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#517082 2020-01-29 04:19:43
Wed Feb 5, 2020
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本科学未来館 (Miraikan) 7階 未来館ホール
Tickets
一般 FULL
Venue Address
〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6 Japan
Organizer
インフォメーションバンクコンソーシアム シンポジウム
153 Followers